住宅ローン借り換えの審査はどうなの?>

マイホームの購入は誰でも憧れるものだと思います。
ですが、住宅を購入する際には必ず住宅ローンの審査が必要です。
現金で家の値段を支払えれば何も問題はありませんがそういった事はなかなか難しいの現状です。
ですので、銀行の住宅ローンを利用される方が一般的です。
住宅ローン審査は、数ある審査の中でも特に厳しい物だと言われています。
最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。
審査に通過できない一番の理由は収入面です。
住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。
と言われています。
ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。
住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。
住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査はとても厳しく行われます。
審査の結果は約1週間前後で電話もしくは口頭で伝えられます。
不合格の場合、残念ながら住宅ローのを組む事はできません。
審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。
契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。
諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかるようです。
住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。
頭金無しでも住宅が購入できる!という広告もありますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。
ただし、月々の返済は多くなります。
月々の返済を少しでも楽にしたければ、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。
頭金は目安が物件購入金額の20%と言われていますが、住宅を買うとなると他の費用もかかりますので20%は目安として、支払える範囲で検討すると良いでしょう。
新生銀行の住宅ローンの支払いを長い間しているとまとまった現金を手に入れるチャンスもあるかと思います。
その様な時は場合は是非、繰り上げ返済を検討してください。
繰り上げ返済はいつもの支払いとは別のもので、まとめて現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をすると、ローン元金を減らす事が可能ですので、借入額を減らす事ができます。
借入額が減るので、月々の返済も楽になります。
繰り上げ返済には手数料がかかる銀行とかからない銀行があります。

新生銀行住宅ローン借り換え研究!大事なポイントは何?【記事一覧】