包茎手術で残る傷跡とは

包茎手術を受けてやっと今までのコンプレックスが無くなったと思ったのに、包皮を切除した部分を縫合した傷跡が大きく残ってしまったり、ハッキリとツートンカラーになってしまったりと、今度は違ったコンプレックスに悩まされるようになってしまうケースも少なくありません。
こんなことなら包茎手術を受けなければ良かった...と後悔しても遅いので、できるだけ傷跡の残らないような手術方法を選びたいものです。
特に傷跡が残ってしまいやすいのが、クランプ式切除法という手術方法です。
手術を受ける前に、どのような方法にておこなわれるのかをきちんと医師に確認しておきましょう。
また、医師の経験や技術不足によって、かなり目立つような傷跡が残ってしまうということもありますので、腕の良い医師がいる病院で手術を受けることも大切です。
包茎手術俺のガチ体験談!麻酔から術後まで【上野クリニック本音口コミ】