正しい洗顔でニキビケア

自分では、きちんと洗顔をしているつもりでも、その洗顔方法が間違っているために、ニキビが出来てしまうこともあります。
ニキビケアをしたいと思っている方は、洗顔方法を見直してみてはいかがでしょうか。
手をしっかり洗った上で、ぬるま湯で顔を洗います。
最初から洗顔料を付けるのではなく、毛穴を開いて汚れが落ちやすくするために、ぬるま湯で洗っておくのです。
それから、やっと石鹸や洗顔料を手に取り、しっかり泡立てます。
ふわふわでキメが細かい泡で顔を洗うと、毛穴の奥の汚れも落ちやすくなりますし、お肌も傷つきません。
あくまで優しく洗うという事を忘れない様にします。
顔を洗ったら、すすいでいきますが、すすぐ時にもぬるま湯を使います。
お湯の温度が高すぎてしまうと、お肌にとって必要な皮脂も取り除かれてしまいますので注意しましょう。
また、洗面器などに溜めたお湯ですすいでしまうと、落とした汚れでもう一度顔を洗うことになってしまいますよね。
洗顔が終わった後も、お肌の事を考えて行動しましょう。
こういった洗顔方法は、慣れるまで面倒に感じるかもしれませんが、これが正しい洗顔になります。
洗顔石鹸や洗顔料で一度洗っただけでは、メイクやお肌に付着した汚れが落ちませんので、注意してくださいね。
黒ニキビの治す方法!芯を潰すのは×!【治し方は?】